日本国の役割

難民キャンプで日本が新しい国際貢献として、簡易工場を設営し雇用創出しようとしても、
難民キャンプは、難民条約のもと、国連、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)および
実際に運営する非政府組織(NGO)などによって運営されている。

また難民キャンプ地の国家や難民を輩出した国家など調整すべき相手があるので、
これらの関係者に理解を求め、事業運営について主導していただきたい。

また事業においては、別記するように日本語教育やインフラ整備などもあるので、
日本国の国益のためにも関係国を説得し、事業資金についても特別な財政支援をお願いしたい。

関連サイト

工場の前にインフラ

例えばこんな工場を

ご意見をお寄せください

これから、具体的にどう活動すれば良いでしょうか。