日本企業の役割

日本の企業がグローバル世界の中で生き残って行くためには、
今まで地理的に縁の少なかった中近東やアフリカでも、
その存在感を示し、愛される企業とならなければならないと思います。
その為には、命を守るために苦しんでいる難民キャンプの人々を、
支援してあげることです。

具体的には、仕事もなく、何もすることもなく、将来に希望をもてず、
苦しんでいる人々に、労働の場を提供してあげることです。
これは企業自身のためでもあります。

簡易工場で製造することができるくらいの仕事ですから、
中小企業でも可能です。
むしろ中小企業のほうが技術も経営ノウハウもあると思います。

狭い日本で思い悩むよりも地理的に遠いですが、
ヨーロッパやアフリカに進出するには、
良い機会だと思って、積極的に取り組んで行くことです。

関連サイト

工場の前にインフラ

例えばこんな工場を

ご意見をお寄せください

これから、具体的にどう活動すれば良いでしょうか。