学校

学校として、特色をあげれば、日本語教育を十分に行うことです。
日本語を学ぶメリットも提供すべきです。

1.簡易工場で働くための基本的な日本語会話です。

2.次にIT教育と合わせ、日本が必要としている日本語のできるIT技術者の養成です。
  現在オフショア開発は、ほとんどを中国に依存していますが、
  沿岸部の給与水準があがり、採算的に苦しいのがソフト開発業者です。
  中国にいる数十万人ともいわれる日本向けのソフト開発技術者の
  交代要員の確保は非常にむつかしいのが実態です。

  この際、日本語教育とIT教育を1から難民キャンプで教育することです。

3.ソフト業界と同じように労働集約産業が、
  病院の看護職や老人ホーム等での看護職員です。
  これからもっと不足してくると言われています。

  この際、この分野も日本語教育と看護教育を1から難民キャンプで教育することです。

関連サイト

工場の前にインフラ

例えばこんな工場を

ご意見をお寄せください

これから、具体的にどう活動すれば良いでしょうか。