ソフト開発工場

日本のソフト開発は、オフショアソフト開発が主流です。
日本のオフショア開発の約8割は中国に発注しており、
「中国なしには日本の情報サービス産業は成り立たない」といわれるほどです。

中国沿岸部は年率10%程度で人件費が上昇しており、
円安に振れると円換算ベースの単価高騰は避けられません。
まさに、人件費高騰と円安のダブルパンチというわけです。

システム開発は、日本の商習慣などの業務システムを理解していないと開発できません。
人件費だけでは、ベトナムやミャンマー、インドなど、コストを抑えられそうな地域は他にもあります。
が、日本のシステムを開発できる人材がいないのです。

中国には、対日オフショア開発に従事したことのある人材が、たくさんいます。
ここでは、大連に約7万人、北京に約4万人、上海に約3万人規模といっています。
日本語や日本の業務システムをある程度理解した人材を万人単位で育成するのは時間がかかりますし、
日本のITベンダーが、今すぐ欧米ベンダーのように英語ベースでは業務を進められないのです。

現実としては、比較的人件費の安い中国内陸部に軸足を移して時間を稼ぎつつ、
5年から10年をかけて、中国以外で日本向けのソフト開発の人材を育成するしかありません。

日本人だけでのシステム開発は、人件費が高く採算が合いません。
すこし長い時間かかりますが、中国依存から脱却するためにも、
難民キャンプ地で日本語教育に時間をかけ、プログラマーを養成することです。

日本の商習慣等は、OJTで教えていけばよいと思います。

ソフト開発業務は、従来の労働集約産業(衣類、オモチャ、簡単な機器、日用雑貨)のような物流などの問題はありません。
インターネットさえ繋がれば、開発ができるということです。 設備もノートパソコンで十分です。
まさに難民キャンプ地向けの仕事と言えます。

優秀な技術者となったものから、戦争のない自由で平和な世界へ出ていける夢を与えてくれます。

私たち日本人は、彼らに夢を与えてあげることができます。




関連サイト

工場の前にインフラ

例えばこんな工場を

ご意見をお寄せください

これから、具体的にどう活動すれば良いでしょうか。